効果

ライスビギンの効果が期待できる肌の悩みとは?成分から調べてみた。

投稿日:

ライスビギンとは

  • 日本で唯一の保湿力の改善効果期待できる成分配合
  • 1本8役のオールインワンで約2ヶ月分の容量とコスパが最強
  • 愛用している芸能人も多数いる

など最近も芸能人「松本伊代さん」が愛用してると話題となっているオールインワンスキンケア商品です。

そんなライスビギンですが、

  • 「肌の保湿力を改善するって具体的にどんな肌の悩みに効果が期待できるの??」
  • 「自分の悩みには効果が期待できるのか??」

など「人気」や「良い商品」という事がわかっても具体的な効果ってわかりづらかったりします。

今回はそんなライスビギンの配合成分を1つ1つ調べ効果が期待できそうな肌の悩みを調べて行きたいと思います。

配合成分からわかる期待できる効果とは

成分一覧/有効成分:ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)、酢酸DL-α-トコフェロール/その他の成分:水、1,3-ブチレングリコール、2-エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、オリーブ油、ジプロピレングリコール、植物性スクワラン、ベヘニルアルコール、水素添加大豆リン脂質、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ホホバ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、バチルアルコール、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム、ステアリルアルコール、親油型モノステアリン酸グリセリル、ソルビトール発酵多糖液、ポリエチレングリコール6000、加水分解ヒアルロン酸、2-アミノ-2-メチル-1,3-プロパンジオール、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カミツレ油(2)、エタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

成分表の成分を1つ1つ調べた結果、ライスビギンには

  • 肌の保湿力を改善(自身の皮膚の保湿力を改善)
  • 保湿作用(肌の潤いを保つ効果)
  • 抗炎症作用(肌荒れやニキビ予防)
  • エモリエント作用(肌を柔らかくする効果)
  • 抗酸化作用(エイジングケア)

などに効果が期待できる成分が配合されてました。

では、どんな肌の悩みに効果が期待できると言えるんでしょうか??

ほうれい線

見た目をかなり老けさせると言われている「ほうれい線」を「シワ」だと誤解している方も多く居ると思います。

ですが意外にもほうれい線は「たるみ」が原因と言われているんです。

その証拠に「たるみ」は20代から出始める方も居る為「シワ」よりほうれい線は20代の方でも悩んでいる方が多いなんて言われてたりもしています。

そして「たるみ」たるみには肌を柔らかくしてハリを与えると言われている「エモリエント作用」が効果が期待できると言われている為ライスビギンはほうれい線にしつかりと効果が期待できるといえます。

シワ

シワの主な原因は2つあると言われており、あまり目立たないシワ(溝が浅い目じりのシワなど)は乾燥が原因とされ、目立つシワ(溝が深いシワ)は肌を守るバリヤ機能が低下してしまい結果、肌にダメージを受けてしまう(紫外線など)溝が深くなるなど言われています。

  • 肌の乾燥には保湿作用(肌の潤いを保つ)が効果が期待できる言われており
  • 肌のバリヤ機能には肌にセラミドの生成を促す効果期待できるち言われている成分が有効と言われている

ため、ライスビギンに含まれている「保湿成分」「有効成分ライスパワーNO.11」にしつかりと効果が期待できると言えます。

エイジングケア

「化粧ノリが悪い」「肌が乾燥する」など、これまでのシワやほうれい線などの肌の悩みにも繋がるのが肌の老化です。

年齢的に避ける事ができないと思われがちですが、それこそ成分などで衰えた肌をサポートする事は充分できると言われています。

有効と言われている成分としては

  • 抗酸化作用
  • 保湿効果
  • 肌のせいラミド生成を促す効果

などが有効と言われている為、ライスビギンにはしつかりと効果があると言えます。

なんといっても、様々なスキンケア商品を使用してきたであろう芸能人の松本伊代さんがライスビギンに行きついたのが証拠かもしれません

 

関連記事

ライスビギンの口コミまとめ【効果なし】の真相について

【ライスビギン】ほうれい線対策になる成分が配合されてるって本当?

-効果

Copyright© ライスビギンって悪い口コミが多いの??「効果なし」の真相とは!? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.